伊藤塗装

外壁塗装なら藤沢市の伊藤塗装

こんな時には外壁塗装の塗り替えのタイミングかも?

473 views

 

こんな症状が現れたら、そろそろ塗り替えのタイミングです

外壁塗装においては、塗料の耐久年数は塗り替え時期を決める目安の一つとなります。

しかし、耐久年数までまだ少し期間があるという場合でも、外壁自身に塗り替えのサインが現れることがあります。

その場合には、放置してしまうとより深刻なトラブルへと発展してしまうので、速やかに塗り替えるのがおすすめです。

具体的に、どのような症状が現れたら、塗り替えを検討しなければいけないのでしょうか。

1つ目には、塗料のひび割れや剥がれ、また膨らみなどがあります。

外壁塗装では、塗膜が壁をしっかりとコーティングして守ってくれる役割をしています。

その塗料にヒビが入ってしまったり、部分的に剥がれている場合には、壁をガードできていないということなので、塗り替えることをおすすめします。

こうした症状が進行すると、雨水が塗膜の内側に入り込んで木材が腐敗したり雨漏りやシロアリの原因となってしまいます。

2つ目には、チョーキングがあります。

チョーキングとは、紫外線や空気中の酸素などによって塗膜表面が劣化した状態で、ラジカルという粉を発生させる現象です。

外壁の表面を手でこすってみて、塗膜の粉が手につくような場合には、そろそろ塗り替え時期のタイミングと判断できます。

3つ目には、塗料の変色があります。

外壁や屋根は、常に風雨や強い紫外線にさらされているため、経年劣化による色あせが起こります。

住宅の北側と南側とで、塗料の色に大きな差が出てきたら、そろそろ塗り替え時期だと言えます。

塗料選びでは塗り替えのタイミングも視野に入れたい

外壁や屋根の塗装では、住宅がどんな環境下にあるかによって、塗り替えのタイミングが異なります。

そのため、塗料の耐用年数が15年だとしても、強い紫外線にさらされて、雨や雪が多く降る地域だと、もしかしたら施工後10年程度でも塗り替えのタイミングが来てしまうかもしれません。

塗料を選ぶ際には、かかるランニングコストを考えることがとても大切です。

例えば、30年という期間を考えると、耐用年数が10年の塗料では3回の塗り替えが必要となります。

しかし耐用年数が15年の塗料なら、塗り替えは2回で済むでしょう。

耐用年数が長い塗料は、一般的に外壁・屋根塗装の施工費用が高くなりますが、ランニングコストも視野に入れて考えると、長期的には大きな節約につながります。

藤沢市でコスパが良い外壁・屋根塗装なら、ぜひ伊藤塗装へお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください!

代表 伊藤
自転車ツーリングが趣味の代表の伊藤です!トライアスロンにも挑戦しています!
藤沢市を拠点に、見積もりから施工まで全て私がご対応致します!

お見積りは無料!自社施工だから低価格!CONTACT

外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、藤沢市の伊藤塗装までお問い合わせ下さい!
0120-5678-56  メールフォームはこちら
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE