伊藤塗装

外壁塗装なら藤沢市の伊藤塗装

外壁塗装はこんな工程で施工します

426 views

 

まずは現地調査で壁の状態をチェックします

外壁塗装の最初の工程は、まず壁の状態を調査して、具体的に塗装の前にどんな補修が必要になるのか、どんな塗料を使えば耐久性が良くなるのか、という点をチェックします。

そのため、施工に関して専門的な知識を持つ調査員が実際に現地に足を運び、壁の状態を慎重にチェックする作業から始まります。

近所の理解が必要です

外壁や屋根の塗装においては、足場を組んだり高圧洗浄を行う際には、どうしても大きな音が発生してしまいます。

また、油性の塗料を使うと、シンナー特有のニオイが近隣に広がります。

そのため、外壁や屋根の塗装に関しては、近所の理解が必要不可欠です。

施工を決断したら、自宅の両隣には塗装施工を行う旨を伝えておくことで、のちのトラブルを避けることができます。

施工では足場を組んでネット養生を行います

施工においては、最初に足場を組み、ネット養生を行います。

この作業はとても重要です。

ネット養生を行うことによって、高圧洗浄の際の水や、塗装の際の塗料が周囲に飛び散ることを防ぎます。

まずは補修作業から始めます

高圧洗浄を行う前に、まずは外壁のヒビなど、補修が必要な個所を一つずつ丁寧に対応していきます。

また、シーリング材を打ち込み、防水処理をしっかり行った上で、高圧洗浄を行います。

ただし、汚れがひどい場合には、一度高圧洗浄で汚れやカビを取り除いたうえで、外壁表面をチェックし、必要な補修作業を行うこともあります。

高圧洗浄では、外壁や屋根の表面に付着している汚れを始め、劣化している塗膜を除去します。

洗浄の強さは調節可能なので、塗膜の状態に合わせて適切な強さでの洗浄を行います。

塗装は3度塗りが基本です

外壁塗装においては、下塗り・中塗り・上塗りと3回塗りが基本となります。

下塗りでは、塗料の密着力を高めると同時に、素材の吸い込みを均質化する役割があります。

一般的に、下塗りに使用する塗料の色は、塗料の色に影響が出ない白色や淡いグレー系を使います。

中塗りと上塗りでは、同じ塗料を使って重ね塗りを行います。

まず中塗りを行ったら塗膜を乾燥させた上で上塗りを行います。

なお、軒天や鉄部、木部の塗装は、外壁や屋根など面積が広い部分の作業が終了してからとなります。

作業が終了したら足場を解体します

塗装作業がすべて終了したら、塗り残しがないかを確認した上で、足場を解体します。

これで、作業はすべて終了です。

藤沢市での外壁・屋根塗装のことなら、伊藤塗装へお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください!

代表 伊藤
自転車ツーリングが趣味の代表の伊藤です!トライアスロンにも挑戦しています!
藤沢市を拠点に、見積もりから施工まで全て私がご対応致します!

お見積りは無料!自社施工だから低価格!CONTACT

外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、藤沢市の伊藤塗装までお問い合わせ下さい!
0120-5678-56  メールフォームはこちら
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE