伊藤塗装

外壁塗装なら藤沢市の伊藤塗装

耐用年数15年!ハイスペックなシーリング材「オートンイクシード」

542 views

 

オートンイクシードとは?

外壁塗装においては、壁面に使う塗料とは別に、壁の間や隙間を埋めるためのシーリング材を使用します。

どちらも風雨や紫外線によって劣化しますが、塗料の劣化スピードと、シーリング材の劣化スピードは異なることが多いものです。

つまり、シーリング材の方が早く劣化してしまうと、打ち直しのメンテナンスが必要となり、費用がかかります。

塗料と同じぐらいの耐久性を持つハイスペックなシーリング材を使うと、メンテナンスにかかる手間やコストの節約が可能となります。

オートンイクシードは、耐用年数が15年超というハイスペックなシーリング材です。

耐久性は塗料以上と言われています。

通常の場合には、塗料の耐久年数が15年程度でも、シーリング材のメンテナンスが途中7年~8年程度で必要となります。

しかしオートンイクシードを使うと、塗料と同じぐらい長持ちするため、シーリング材の打ち替えというメンテナンスが必要ありません。

その結果、メンテナンスにかかる費用の節約につながります。

オートンイクシードの特徴

1つ目の特徴は、経年劣化の原因となる可塑剤を含んでいないことです。

シーリング材の劣化は、可塑剤が分離することが原因で起こります。

しかし、オートンイクシードは可塑剤ではなくLSポリマーが配合されていて、劣化しにくいという特徴があります。

2つ目は、伸び率が高いという点です。

一般的なシーリング材の伸び率は400%程度ですが、オートンイクシードの伸び率は1,000%と高く、壁の動きに合わせて柔軟に伸縮することが可能です。

裂けてしまうとか、割れてしまうというトラブルが起こりづらいのです。

3つ目は、耐候性に優れているという点です。

風雨や紫外線など、劣化の原因となる要素に対して強い耐候性が期待できます。

4つ目は、汚れ防止機能があることです。

オートンイクシードには、CRオリゴマーという汚れ防止成分が配合されています。

これにより、施工直後で硬化したばかりの段階におけるベタツキが軽減され、汚れや付きにくくなります。

また硬化後には、CRオリゴマーが塗膜表面をホコリや塵からしっかりガードしてくれます。

色のラインナップが充実

また、オートンイクシードは色のラインナップが充実しています。

200色以上のカラーがあり、塗料の色と合わせて選べます。

藤沢市の外壁・屋根塗装のことなら、伊藤塗装までご相談ください。

オートンイクシードも取り扱っております。

お気軽にご相談ください!

代表 伊藤
自転車ツーリングが趣味の代表の伊藤です!トライアスロンにも挑戦しています!
藤沢市を拠点に、見積もりから施工まで全て私がご対応致します!

お見積りは無料!自社施工だから低価格!CONTACT

外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、藤沢市の伊藤塗装までお問い合わせ下さい!
0120-5678-56  メールフォームはこちら
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE