伊藤塗装

外壁塗装なら藤沢市の伊藤塗装

サイディング塗装で知っておきたい5つのポイント

141 views

 

サイディング塗装にはいろいろな種類があります

近年の住宅の外壁は、多くがサイディングと呼ばれるパネル形式となっています。

これは、工場で作られたパネルを取り付けるというもので、安定した品質で仕上がるという特徴があります。

サイディングには、窯業や金属系、木質や樹脂系など様々な種類がありますが、住宅で使われるサイディング外壁の70%~80%程度は、窯業系サイディングとなっています。

サイディング塗装には、知っておきたいポイントが5つあります。

ポイント1:直貼り工法なら塗り替えよりも張り替えが一般的

サイディングの工法には、通気工法と直貼り工法とがあります。

もしも、現在の工法が直貼りなら、塗り替えではなく張り替えが適しています。

その理由は、直貼り工法ではパネルと間中との間に通気層がないため、雨水や湿気などが入り込みやすく、塗膜が剥がれたり膨らみやすいためです。

ポイント2:塗料はできるだけ弾性の少ないものを選ぶ

サイディングは、熱によって表面温度が高くなりやすいという特徴があります。

また吸水性も高く、弾性が高い塗料を使うと、塗膜が伸びてしまい、剥がれや膨れが起こりやすくなります。

そうしたトラブルを防ぐためには、できるだけ伸縮性のない塗料を選ぶことが必要です。

ポイント3:塗り替えのタイミングは10年ごと

サイディング外壁でも、定期的に塗り替えることによって、外壁を風雨や紫外線から守ることができます。

パネルを張るサイディングだから塗装の塗り替えが必要ないということはありません。

パネルがダメージを受けると、トラブルが建物内部へ浸透し、住宅の寿命が短くなってしまいます。

そのため、約10年を目安に塗り替えが必要なのです。

ポイント4:劣化の症状を知っておこう

サイディング塗装でも、経年劣化によって様々な症状が現れます。

例えば塗膜がはがれてきたり、サイディングパネルが反り返っている場合には、必要に応じてサイディングの張り替え、もしくは塗り替えが必要です。

その他にも、目地シーリング部分にヒビが入ったり、塗膜が膨らんでいるような場合も、補修作業が必要となります。

ポイント5:施工とメンテナンスにかかる費用

サイディング塗装は、そのエリアの気候や立地条件などによって、おすすめの施工方法や必要なメンテナンスが変わります。

雨や雪が多い地域だったり、海や川が近いなど、水や湿気が多いエリアでは劣化が早いためにメンテナンスの頻度は多くなります。

藤沢市の伊藤塗装では、サイディング塗装も承っています。

お気軽にお問い合わせください。

お気軽にご相談ください!

代表 伊藤
自転車ツーリングが趣味の代表の伊藤です!トライアスロンにも挑戦しています!
藤沢市を拠点に、見積もりから施工まで全て私がご対応致します!

お見積りは無料!自社施工だから低価格!CONTACT

外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、藤沢市の伊藤塗装までお問い合わせ下さい!
0120-5678-56  メールフォームはこちら
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE